通学だと30日以上かかる

ドライブ中のカップル

自動車の免許を取るためには教習所へ通い、知識と技術を身に付ける必要があります。車を運転するには、多くの交通ルールを知らなくてはいけないのです。それらを知らずに運転すると大きな事故を起こす原因になるでしょう。命を失うような大事故を起こす場合もあります。ですから、運転するために免許を取得していなくてはいけないのです。多くの人が教習所へ通うという方法で免許を取得しています。学校帰りや仕事帰りに教習所へ通い講習を受けるのです。講習は車や自動車の運転に必要な知識が書かれたテキストが使われるでしょう。1時間講習で学んだことをテストしたり、実技のときに確認しながら学習を進めていきます。しかし、実技の授業は、一度に多くても3人までしか受けることができません。教官を含めて乗用車に乗れるのが4人だからです。そのため、実技の授業の予約は取りづらく、思うように学習が進まないということもあるのです。1日に1時間だけ実技の講習が受けられると課程した場合、ATは最短でも30日以上という期間が必要になるでしょう。また、土日だけ実技を受けた場合は最短2ヶ月程度の期間がかかります。中には思うように実技実習が受けられないこともあるので、仕事や学校と両立している場合は更に時間がかかります。もし、夏休みや冬休み、2週間以上の大きな休みが取れるのであれば合宿免許を利用すると更に短い時間で免許が取得できます。合宿免許なら、ATは最短14日、MTでも16日では取得が可能なのです。なぜ合宿免許なら最短2週間前後で取得できるのでしょうか。それは合宿免許という環境で一気に効率よく学習が進められるからです。